学生のためのマンション|QOLを高めるためにも住まい選びは慎重に|より良い賃貸を選ぼう
ウーマン

QOLを高めるためにも住まい選びは慎重に|より良い賃貸を選ぼう

学生のためのマンション

ファミリー

自宅から遠い学校に進学する学生の多くが、学生マンションを利用しています。学生マンションは、一般的なマンションと異なり、基本的には学生以外は入居不可能となっています。もちろん、学生がその保護者と一緒に住まうこともできません。つまり利用できるのは、あくまで契約した学生のみということなのです。そのため入居前の審査では、学生証など、自分が学生ということを証明するための書類の提示が必要となります。大学などの入学式前に入居する場合には、その大学の合格通知書を提示するのです。たとえ在学中でも、入学が決定していたとしても、学生証や合格通知書を紛失などにより提示できない場合には、入居が認められないのため注意が必要です。

学生マンションは、一般的なマンションと比較すると、セキュリティレベルが高めとなっています。監視カメラや管理人による、24時間の管理体制が整っていることが多く、何か異常な事態が起こった場合には、速やかに状況確認や保護者への連絡がおこなわれるのです。そのため親元を離れて一人暮らしをすることが初めてという学生にとっても、その保護者にとっても、安心できると言えます。中には、学生寮のように食事のサービスがおこなわれる学生マンションもあります。共用の洗濯機や乾燥機がついている学生マンションもあるので、この場合は自分の部屋用にこれらを購入する必要がありません。また、ほとんどの場合は大学や専門学校などのすぐ近くに建てられているため、通学時間が短くて済むというメリットもあります。